トリートメントを極める

トリートメントの正しい選び方

トリートメントは、美髪作りに欠かすことのできない、たいへん重要なヘアケア商品と言えるでしょう。トリートメントの基本的な働きとしては、ダメージを受けた髪に染み込んで、髪の内部からダメージを補修しキューティクルを整えるというものです。憧れの美髪を作るためには、本当に髪に良いもので、なおかつ自分の髪に合ったものを選ぶ必要があります。一般に市販されているトリートメントには非常にたくさんの種類がありますが、髪に悪い成分が一切含まれていないものを選ぶようにしましょう。たとえば、酸化防止剤や合成界面活性剤、またタール系色素といった添加物です。これらの添加物は髪や頭皮に悪い影響を与えてしまうため、成分をよく見て選びたいものです。また、一人一人の髪質は大きく異なるものです。細くてサラサラした髪の方もいれば、硬くてゴワゴワした髪の方もいるものです。また、人によっては切れ毛や枝毛が多いこともあるでしょう。トリートメントが本当に効果を発揮するようにするためには、自分の髪質に合ったものを選ぶことが不可欠です。仮に、自分の髪質に合ったものが分からないという場合には、美容師の方などに相談してみることができるでしょう。

知っているようで意外と知らないトリートメント

シャンプー後の髪を保護する目的で使うのがリンス、トリートメント、それにコンディショナーです。これらの3つ、それぞれ名称が違うように、その役割も異なるのです。 リンスは髪の表面を覆って保護する目的、トリートメントは髪の表面を覆うのはもちろん、髪の内部まで浸透しダメージケアの目的、そしてコンディショナーはリンスとトリートメントの中間と考えるといいでしょう。つまり、髪の傷みが気になる場合に使うなら、トリートメントがベストとなります。 ベストな方法としては髪につけた後、蒸しタオルを巻いて数分置いてから洗い流す方法です。これなら髪の内部まで成分が浸透しダメージケアができます。ただ、ゆっくり入浴できない人はこの方法にとらわれることはありません。これがストレスとなっては意味がないので、自分のやりやすい方法を見つけましょう。 また、気を付けたいのが頭皮にはつけないことです。髪には有効な成分ですが、頭皮に付着すると毛穴を塞いで発毛を阻害する可能性もありますし、フケやかゆみ、臭いの原因となることもあります。頭皮には付けずに髪につけるように心がけることです。 それとすすぎ過ぎにも注意しましょう。せっかくの有効成分が流れ落ちてしまうので、適度なヌメリを残してすすぐことです。

recommend

お急ぎの方にも便利な原宿駅近が人気の理由のヘアサロン

原宿 ヘアサロン

大阪・堺の注文住宅・新築一戸建て・工務店

大阪 注文住宅

今のサロン経営に満足していますか?

コラーゲンマシン 販売

朝五時まで営業、台湾式マッサージ店

渋谷 マッサージ

香水・フレグランスは中古(使いかけ)でも買取OK

香水 買取

あなたの家の傾きを直し安心を提供します

家の傾き

サプライズ演出でプロポーズや記念日を忘れられないイベントにいたします

プロポーズ 大阪

タイ料理はお家でも簡単に実践できる炒め物などからペーストから調合してつくる手の込んだ料理まで体験できます。

タイ料理教室

最終更新日:2016/8/19